変化できない「人罪」と変化を採りに行く「人財」

「融通の利かない設計士がいてねぇ…」

先日訪問した取引先(工務店)において、現場責任者さんがおっしゃった課題感。

 

何でも、

・営業現場の声を聞き入れない

・見込客のニーズを取り入れようとしない

のだそうだ。

さらに、「働き方改革」のもと有給休暇をGW期間中に5連休で取得するらしく、その結果GW期間に商談する見込み客へのプラン出しが通常のスケジュールより1週間以上遅くなるとのこと。

 

住宅業界といえば、GWなどの大型連休や週末土日は書き入れ時。

ほかの建築会社と競争しながらお客様から成約を獲得しようとするならば、お客様のニーズ(ウォンツ)や声を反映した(超越した)プランを競合他社に先駆けて提案することで、自社に対するマインドシェアをアップしようとするのが常套手段。

 

もちろん、それをマネジメントしきれていない会社側にも課題はある。

私も思わず、

「失注調査でも行ってお客様の生の声を聞かせてみてはいかがですか?」

「(設計士)本人にしてみれば、お客様の声ではなく営業担当者個人の要望と聞こえている可能性があります」

と、一つの解決手段をお話ししたりもした。

 

「(いつも)言ってるんだけどねぇ…」

「どこかに気の利く(先回りできる)設計士がいたら採用したいよ!」

と、ご責任者様の結論。

 

つまるところこの設計士さん、変わろうとしないタイプなのだ。

恐らく。

 

何事も、長所と短所、強みと弱みは表裏一体。

こういうタイプは、

・専門特化した仕事を深掘りする

・同じ業務に長時間従事することを苦にしない

・一人で黙々と取り組める

といった強みを見せる反面、

・フットワークが悪く変化を受け入れがたい

・(常に)変わらない自分を、価値として他者に受け入れてもらいたい

・保守的で他者の意見を跳ね返す傾向が強い

などといった、もったいない側面を露見する。

 

このケースの問題は、その設計士が、

外の声に耳を貸そうとしないスタンスだ。

もっと言うなら、外部環境の変化を認識していない(キャッチアップできていない)視野の狭さである。

 

既存の価値観で成り立っている環境に身を置くと、

いや、

その環境に身を置く事に居心地の良さを感じてしまうと、

気付かぬうちにあっという間に、保守的で意固地になってしまう危険性をはらむ。

 

 

一方、

そんな事を考えていたある日のある打合せで、同じ業界の別のヒトから驚くコメントを耳にした。

 

「わたし、もともとは建築というものに興味がなかったのですよね(笑)」

 

独立して自分の腕一本で食べていっている一級建築士さんで、

北海道から某賞を受賞した経歴の持ち主である。

北海道で学力TOPの総合大学を出た方なのだが、よくある話なのだが、

お勉強がある程度できて理数系が得意だったため、理系学部のあるその大学を進学先として考えた際、(何となく)建築学科を選んだそうなのだ。

 

入学当初は、周りの同級生の知識に圧倒され、

「おっと…これは、間違ったところに来てしまったかも…汗」

とも思ったようだ。

しかしその後、

「とにかく世界中の歴史的建造物を見て回るといい」

との研究室の教授からの教えを柔軟に聴き入れ、アルバイトでお金を稼いでは世界各国への見分旅行に出かけまくったそうだ。

実際、スペインをはじめ各国の歴史的建造物に触れていくうち徐々に建築の世界にはまり込み、結局は建築家への道を歩むこととなる。

 

ハウスメーカーでキャリアと実績を積み上げ、

その後独立して一級建築士事務所を立ち上げる。

独立後、手始めの仕事として建てられたモデルハウスは、

その独創性が評価されて北海道からの表彰を得ることに至る。

 

こちらの、(ある意味)成功したケースのポイントは、

「もともとは興味がなかった」という、いわば既存業界の常識を持ち得なかったポテンシャルの持ち主が、しかしながら、

・他者の意見を柔軟に受け入れ

・フットワーク良く世界中を見て回る

ことにより、

その既存業界に新たな価値をもたらしたことにある。

 

ふと打合せのシーンに視点を戻すと、

その一級建築士さんの手元には、昨今の建築にまつわる書物が多数携えられていた。

どうやら常に勉強し、自身をアップグレード(アップデート)させているようである。

 

ご実績とはかけ離れた愛嬌満点の笑顔と共に放たれる

「こういう変わった建築、面白いでしょう⤴(笑)」

のコメントからは、

変化し続ける(アップデートされる)自身が評価されることを望んでいるようにも感じられる。

 

 

高校生くらいだったろうか、英語の授業で習った慣用句を思い出した。

 

‟A rolling stone has no moss.”

「転石苔むさず」

なのである。

f:id:nunonao74:20190428143053j:plain

 

 

 

あ、我々が習ってきたのはアメリカンイングリッシュね。

つまり、ポジティブ解釈の方よ。

この場合の「シメ」は(笑)

 

いよいよ、終わりが来ますね

もう、ここ最近はどこでも語られている「平成」の話。

遅ればせながら、「参戦」です。

 

いよいよあと1週間と1日。

来週の水曜日からは「令和」だ。

 

私が運営している「むすぶ」も、この時代の切り替わりとともに、ちょっと変わります。

Officeの2階スペースの改修に着手します。

 

改修というハード部分は勿論、

改修後に実施していく予定のソフト部分も、

それぞれちょっとしたプロジェクトなのです。

 

様々な人々との「和」が広がっていくはずです。

ヒトとヒトとをむすぶ「プラットフォーム」に変わっていきます。

 

「むすぶ」「プラットフォーム」

MUSBUプラットフォーム

ビジョンを描いて名付けた社名です。

 

令和時代の到来とともに、原点に帰ります。

令和元年が、「むすぶ」の記念の年になりますように。

ホスピタリティ溢れる行動力

定休日前の火曜夜閉店後は、ソフトクリームフリーザーを分解洗浄する日と決まっている。

いつもはアルバイトのハルちゃんに手伝ってもらいながら実行するのだが、昨晩は会合が入り、閉店業務までを彼女に頼んでいた。

マシン洗浄の方は、会合終了後に私が戻って独りで行う段取りだった。

 

決して早くはない時刻に店に戻ってみてビックリ!


f:id:nunonao74:20190320174936j:image


f:id:nunonao74:20190320174950j:image


f:id:nunonao74:20190320175002j:image

 

分解、洗浄に入るその手前の作業までを、

済ませてくれていたのだ。

 

頼んでもいないのに、無言で‥💧

 

下手したら、惚れてまうやろぉ!(古?)

挨拶は大事、やっぱり

冬の間に除雪車によって積み上げられた雪の山。

店舗前の雪山を1日も早く溶かすため、「雪割り」に外に出た今日の午後。

f:id:nunonao74:20190317193645j:plain

お隣さんに出くわした。

ここいら町内会の地主さんのお一人でもあるお隣さん。

 

快晴の空も手伝って、

「こんにちは!」

と反射的に明るくご挨拶。

 

いみじくもこのお隣さんも、同じタイミングで「雪割り」に精を出していたのだ。

いや、このお隣さんの場合、その手法は「雪割り」とはちょっとニュアンスが違うな。

どちらかというと、垂直に前進しながら「掘り進める」という感じだ。

その結果その場所に出来上がる光景は、さながら

雪山の「モーゼの十戒」。

 

その労力満点の雪掻き方法に感心をしながら思わず、

「凄いですね。いつもこうやって(前に切り開くように)やっていらっしゃるのですか?」

と話しかけた私に対する、お隣さんの返答に意表を突かれた。

 

「こうやってもうすぐこの場所が開けたら、またここに車を駐車しなさい

「!」

 

このお隣さん、私の店舗用の駐車場所を確保するために、

コツコツと「モーゼの十戒」を拓いていらっしゃったのだ!

 

意表を突かれたというより、ちょっと感動を覚えた。

 

実はこのお隣さん、昨年末に積雪量が増えていったときはむしろ、同じ場所に雪山を積み上げていっていたのだ。

もともとその場所は、うちのお店の同居人が営業車を置いていた場所だったので、

ある朝の出社時にガッツリと雪山が完成され、営業車の置き場所を失われたこの同居人は唖然茫然。

たまたま路上でこの同居人とお隣さんが出くわした際にも、

「なぜここに雪山をつくっちゃうんですか!?」

「ここは昔から雪山を置く場所なんだ!」

と一触即発のシーンもあった。

 

北海道あるあるの除雪近隣トラブルの類である。

 

事を大きくややこしくするのも何なので、その際は「後からこの場所にやってきた」我々が身を引いたものの、正直、多少ならずとも「しこり」が残ったのは事実。

 

 今まではそうだったのかも知れないが、わざわざ積み上げなくてもねぇ…

 単純に気分が悪いよねぇ…

 なにもわざわざいさかいのネタをつくらなくてもねぇ…

 

こんなこともあったため、我々の中ではこのお隣さん、

「昔からいる、気難しい自分勝手な人」

みたいなブランディングが出来上がってしまっていた。

 

それゆえ逆に、今日のこの「こんにちは」の後のコメントには、

ある種の感動を覚えたのである。

 

(当たり前だけど)そんなに悪い人はいない。

 

そして反射的だったかもしれないが、やっぱり元気よく「こんにちは!」の挨拶が効いたのも間違いないはずだ。

それも年下の者から

明るく、

笑顔で、

大きな声で、

挨拶されたお隣さんだって、悪い気はしなかったはずだ。

もしかしたら、昨年末の自分の行動を少しは恥じていらっしゃるのかも知れない。

 

何はともあれ、すがすがしい気持ちを覚えたとともに、

当たり前の行動の大切さに改めて気付かされた、

そんな昼下がりだった。

 

「モノ」から「コト」へ


f:id:nunonao74:20190304223904j:image

クライアント様のVTR作成の打合せ。

お客様にとっては節目であり、次代に向けたメッセージを発信する機会です。

がしかし、肩肘張ってないんですよね。

「そんなに話すことはないよ~」

 

嘘です。

嘘、と表現すると語弊があるとしたら、

お気づきになっていらっしゃらない❗

話せば話すほど、出てくる出てくる。

メッセージが。

f:id:nunonao74:20190304224010j:image

これまで(先代)は、いいものを造って提供していれば、社会に自然と受け入れてもらえる価値があったと。

これから(次代)は、地域・社会課題に応えながらサービスを提供していくことが、企業としての務めなのだと。

 

聞き出す、引き出す、表現する、伝える‥

これだから、ヒトと対峙する仕事は面白い!

似ている、と

よく言われるのです。

この方に。

f:id:nunonao74:20190113114650p:plain

N村M俊さん。

 

昨日は、お仕事で初めてお会いした方に言われました。

面談時間は1時間半くらいですかね。

お話も終息し、最後の最後にお見送りしようかと立ち上がりかけた際、

意を決したかのように、

「あの方に似ているって言われませんか?N村なんとかさん!」

 

はい、よく言われます(笑)。

 

昭和時代から役者に歌にと、大活躍されていらっしゃる方です。

二枚目でもあるので、大変光栄で「は」あります。

 

ただ世代的には、私よりも干支で一回り以上も上の大先輩。

「は」とこだわる部分は、そこです。

 

もうちょっと若い時は、

大Sたかおさん

S田H之さん

堤S一さん

など、これまた大変光栄な方々と比べて頂いたこともありましたな。

 

あ、

もっと若いころは、

アーノルド・シュワルツェネッガー

なんてのもあったっけな(笑)。

 

解決の糸口は「問題の課題化」

嬉しいメールが届いた。

4月の新入社員研修を皮切りに、半年強に渡って成長支援面談を手伝わせて頂いたその新人さんから、「お礼」と題するメールを頂いたのです。

f:id:nunonao74:20181213210022p:plain

4月→7月→12月と、3回にわたる「追いかけ」面談を行うのが弊社の新入社員研修プログラムなのですが、A社様ではその最終面談が本日午後だったのです。

 

この最終面談日に、私は該当の新人さんお一人お一人に私の名刺を差し上げることにしています。

「このプログラムはこれで最後になりますが、今後の社会人人生で何か困ったことがあったらいつでも連絡を下さい。同じ社会で生きる先輩の私で良ければ、お話し相手ぐらいにはなれますので」と。

ちょっと「上から」にはなってしまいますが、当プログラムの「卒業証書」の意味合いも兼ねての行為です。

 

嬉しかったので、私も早速返信メールを先程お送りしました。

f:id:nunonao74:20181213210715p:plain

 

こうして日々の活動を通して新しい人材とつながり、むすばれていくと、

新しい何かが生れていきそうな期待感で気持ちがいっぱいになりますね。

 

 

 

https://musbu.co.jp/company/

弊社・MUSBUプラットフォームは、

コンサル活動や研修プログラムの立案なども通じ、

企業様の成長支援を行っております