解決の糸口は「問題の課題化」

嬉しいメールが届いた。

4月の新入社員研修を皮切りに、半年強に渡って成長支援面談を手伝わせて頂いたその新人さんから、「お礼」と題するメールを頂いたのです。

f:id:nunonao74:20181213210022p:plain

4月→7月→12月と、3回にわたる「追いかけ」面談を行うのが弊社の新入社員研修プログラムなのですが、A社様ではその最終面談が本日午後だったのです。

 

この最終面談日に、私は該当の新人さんお一人お一人に私の名刺を差し上げることにしています。

「このプログラムはこれで最後になりますが、今後の社会人人生で何か困ったことがあったらいつでも連絡を下さい。同じ社会で生きる先輩の私で良ければ、お話し相手ぐらいにはなれますので」と。

ちょっと「上から」にはなってしまいますが、当プログラムの「卒業証書」の意味合いも兼ねての行為です。

 

嬉しかったので、私も早速返信メールを先程お送りしました。

f:id:nunonao74:20181213210715p:plain

 

こうして日々の活動を通して新しい人材とつながり、むすばれていくと、

新しい何かが生れていきそうな期待感で気持ちがいっぱいになりますね。

 

 

 

https://musbu.co.jp/company/

弊社・MUSBUプラットフォームは、

コンサル活動や研修プログラムの立案なども通じ、

企業様の成長支援を行っております

「信頼を得るためには、やはり勉強です」

business.nikkeibp.co.jp

 

リンク先には出てこないが、
タイトルのコメントに、強く共感。

 

国家を代表する難交渉で実績を重ねてきた人物の言葉は重みが違う。

 

私自身、独立してからは書物や出会いを意図して求めている。
刺激的な場面には、黙っていてもなかなか巡りあえないからね。

 

現場主義vs大本営判断

たまたまなのか、

意図的なのか

 

日経ビジネスの巻頭コラム「有訓無訓」が2週連続で

現場重視

を説くトップ言となっている。

 

現場で起きている事実・実態を見誤ると、

大事な判断を誤って下すことにもなり得る。

 

現場を知らずして経営判断を下すと、

顧客にしろエンドユーザーにしろ、

マーケットから決して受け入れられないサービスを展開してしまう。

 

マーケットから受け入れられないサービスを提供しようと

無理をすると、

道理や合理性を見失い、

提供する「現場」は疲弊の一途を辿る。

 

かつての大戦末期の大本営戦略もそう、

某大ヒットドラマの「事件は会議室で起きているんじゃない!」もそう。

 

かつてサラリーマン時代、事業部の商品価値を最終決定する重要局面、

意思決定者であり数カ月前に違う部署から着任した執行役員が難しい決断に迫られた際、

私はあらゆる角度から進言を行った。

 

執行役員は東京本社で取り得る限りのデータやユーザーの声を収集し、

自身の判断の確かさらしさを示す根拠を手繰りに行った。

 

示されたデータ結果は、

私の進言した内容の通りだった。

 

ならば、と執行役員は、

「現場に連れていけ」

とその重い腰をやっと上げて下さった。

 

私がお連れするべく選んだ「現場」は、

2月極寒の雪深い

北海道旭川市だった。

 

先のデータ結果を最も肌感覚で感じ取ることのできる、

当時の事業部で最北端の地だった。

 

下された事業判断は…

おかげさまで1周年

f:id:nunonao74:20181111113830p:plain

先日、起業して1年が経ちました。

まだまだヒヨッコではありますが、事業としての体裁が少しずつ整ってきた実感は持ててきたかな。

 

地産地消

地産他消

を理念に活動を続けてきていますが、この活動を現実のものとさせて頂けるのも、皆様のおかげです。

地元のカスタマーさん、クライアントさん、そしてスタッフのみんな。

 

写真は1周年を迎えた今現在のMUSBUプラットフォームを支えてくれているスタッフさん達(とfamily)。

f:id:nunonao74:20181111121336p:plain

ささやかではありますが、お食事会を催した際に記念撮影したレインメーカーポーズ。

幸せの雨、

発展の雨が降るよう、

願いを込めてのモノです。

 

原点を見失わず、

足元と同時にビジョンを見つめ、

歩んでいく。

9/16放送「メルクリウスの扉」

f:id:nunonao74:20180923184238j:plain

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震

本当に大変でした。

 

我が家はほとんど丸2日間にわたって停電。

マンションの水道は電動ポンプ式なので、断水と同じ状態。

あらためて、電力の有難みを痛感した2日間でした。

 

とそこから10日後の先週日曜日。

タイトルの番組で取り上げられたコンテンツが、

ビークル・ツー・ホーム」

(…という名称だったと思う。多分…💦)

 

日産のEV「リーフ」のバッテリーを、住宅の電源として活用するというもの。

しかもそれが、約2日間使用可能、だとか。

 

つまり、もしこの仕様の一戸建て住宅を「その時」構えていたとするなら、

ちょうど「あの2日間」は、いつもと変わらぬ日常電力を確保できていた、

ということになる。

 

凄いですよね。

今度ばかりは、文明「さまさま」だ(笑)。

 

 

と一方、

この番組で取材に取り上げられたモデルハウスが、北海道札幌のもの。

そしてそのモデルハウスを設計・施工されたのが、わが社の会員企業の社長様!

 

この会社=社長様、

とにかくオーナー様と二人三脚でこだわりの注文住宅を創り上げるスタイルなのです。

故、注文を受けてから建築着工に至るまでは、いつも半年~1年先になるのが常。

 

例えばいまからご希望の注文住宅を依頼するとなると、着工は来年のGW辺り。

いやもしかすると更にそれ以降かな?(苦笑)。

 

それだけ、一軒一軒異なるお家づくりを手掛けていらっしゃるわけですが、

実は近々、その社長様が手掛けられた物件が一軒、完成します。

そして、限定3日間の完成見学会を開く予定との事。

 

私はもちろん拝見しにお邪魔します。

 

ですが、この貴重な機会を独り占めするのもどうか。

役得(やくとく)過ぎやしないか。

職権乱用…とまでは言い過ぎか(苦笑)。

 

という事で、弊社のモデル見学ツアーに組み込ませて頂くことにしました。

もしかしたら、最初のテレビ番組で取り上げられたモデルハウスも同時見学できるようになるかも知れません。

 

近々、弊社ホームページに情報掲載します。

チャンスは1回だけです。

お見逃しなく。

 

イベント・セミナー | 札幌で新築注文住宅のハウスメーカーや工務店をお探しならむすぶ

 

 

 

絶好の取材日和でした

f:id:nunonao74:20180919144106j:plain

今日は朝から取材day。

午前中に1件、ランチの吉山商店(焙煎味噌ラーメン)を挟んで午後から1件。

都合2件のオーナーさん宅をご訪問。

 

快晴に恵まれ、取材日和としては最高でした。

1軒目のお宅では、窓から青々とした石狩湾が眺望。

土地に惚れ込んだというご主人のご意見にも納得。

 

写真は午後に取材させて頂いた丸山様。

取材終了後、ご自慢のお庭で「レインメーカーポーズ」で記念撮影。

 

「金の雨」ならぬ「幸せの雨」が降りますように。

沢山。

 

musbu.co.jp